公開日:2020年3月23日

2015年3月に開業した北陸新幹線。東京と北陸がぐ~んと近くなった。そして東京発2泊3日で関西でオフ会を開きそのまま北陸旅行という強行軍へ出発。第二夜はとなる今回は有馬温泉でのソニー好きのとのオフ会終え、この旅の醍醐味である関西から北陸への大移動を始まった。
 予定通りならば、有馬温泉を出発して大阪でお昼を食べて金沢で美味しい海産物を夜食べれるはず!
 実際はどうだったのか?それでは2015年7月の結果をどうぞ!

北陸新幹線を使った大回り

予定はうまくいかない_(:3」∠)_

 まさかのタイトルですが、朝は温泉に入りたいし、朝食は食べ放題。それはそれは極楽浄土とも言える『有馬グランドホテル』。今回はオフ会の幹事をしていたのでホテルへの支払いをしたりとやや忙しく、ホテルの外観を撮り忘れる。
 というか有馬温泉駅でも何も撮影していないとは、旅ブロガー放棄ですかね…。
 有馬温泉の炭酸せんべいを購入したらもう11時も過ぎて良い時間。

 神戸電鉄や北神急行電鉄とJR東日本を乗り継ぎ大阪駅です。
 ここではなんとか目標としていた12時前に大阪駅に着きました。しかしさすが大阪のターミナル駅人が多い。地下街で天丼か串カツでも食べようかと思っていたのですが一気に疲弊。
 大阪駅を13時15分発車のサンダーバード23号で金沢行きを考えていたので、駅付近の行列店は時間の制約上入れそうにない…。
 食い倒れの街大阪を去ることを決意。

 これは負け戦。思えば昨日の姫路は飯を喰わず…。今日は大阪駅で駅弁、さほどご当地色も無い駅弁が多く、東京の駅弁屋が如何に地方から持ってきているかを感じつつ、駅弁を物色。
 神戸方に駅弁屋があるのですが、今までは1号車のグリーン車の目の前にあったのですが、2015年3月のダイヤ改正で編成が反転し、グリーン車に乗る予定だったので1編成分歩くはめになってしまった。

金沢の夜

 二人がけを選んだので琵琶湖とは逆の座席に乗って同伴者は爆睡。小松にあるダンプも反対側にあるので見どころをことごとく見れないまま金沢へ。
 兎にも角にも金沢に着いてホテルにチェックイン、その足で兼六園まで。開園時間は18時までですが、夏ということもありカメラで手持ち撮影できるくらいは明るいので良かったです。

 兼六園石灯籠・2回目ですが、やはり大きくみせることが出来ません。パンフレットのような撮影は難しい。
 この兼六園といえばこれと言われる『徽軫灯籠』(ことじ-とうろう)、灯籠といえば一脚か三脚なのですが二脚と珍しく、楽器の琴に使う琴柱に似てるから「ことじ」とのこと。なんで漢字を難しくしたのか…。
 「徽」が訓読みで(しるし)で琴の節を表し、「軫」が絃(弦)の糸巻き部、三味線やギターの先端にある巻取り部分を表している。

 …となんとも納得がいかない名前をしている。

 2015年3月の北陸新幹線開業前日にも行った「いたる 本店」に久しぶりに行こうとと思っていたら、新幹線開業効果ではなく昔から人気店だったので更に拍車をかけて混雑、元々予約も取りにくいお店だった。
 そのため姉妹店となる「のど黒めし本舗 いたる」に変更。

 「いたる 本店」でも人気の酒の肴、『桶』。寿司下駄ではなく桶に入ってくる刺身の盛り合わせ。こちらのお店にもあったのでお酒を飲まない方はこちらの方が入りやすいと思います。
 そしてお店の名前にもなっている「のど黒めし」。元々は本店の裏メニューだったのにそれだけで1店舗お店を構えられる美味しさ。味噌ダレでうっすら味がついている御飯なのですがそれが見えないほどの、さっと炙ったのどぐろを載せている美味しい釜飯。

 しかし、うまい。美味しい。写真撮り直してる場合じゃない。熱いものは熱いうちに食べないと。
 のど黒は油の乗っている魚なので刺し身に近い状態だとこの枚数は飽きるだろうけど程よい炙り、そして後半はだし茶漬けとして食べれる「うなぎのひつまぶし」制度。

 そして桶(3~4人前)、やはり京野菜主体の京都をすっ飛ばして金沢に来てよかった…。関東民としては金沢の食文化が一番しっくり来る。次回北陸旅行があるなら加賀料理かカニ三昧をしたい。

ひがし茶屋街

 食後は夜のひがし茶屋街を撮影したかったので移動、。金沢はバス文化で路線系統が多く調べるより歩いたほうが早いと食後の運動で香林坊→尾山神社→ひがし茶屋街を散歩。
 あとから調べたところ、香林坊から近江町市場を通る【80系統】橋場町経由柳橋行きがあった。橋場町から歩いて5分でひがし茶屋街へ行くことができます。
 ひがし茶屋での撮影。夜ということで人通りも少なくスムーズに撮影!とも行かず。出待ちのタクシーが居たり配達があったりなかなかタイミングがなかった。
 建物保存地区に指定されているので町家がそのまま残っているのでロケーションとしては最高です。
 2日目の締めくくりとして金沢駅前のあの鼓門・もてなしドームの撮影。22時なので人がまだ居たため映り込んでしまいました。22時で点灯終了だったのでこの日はもう就寝することに。

今回の旅行のワンポイント

・大阪は1時間にしてならず
 万が一の為に乗換に1時間余裕を見ており、いざとなったら梅田地下街でも飯をと思っていましたが、大阪駅付近の飯屋は混雑してます2時間必要です。
・金沢は24時間でなんとかなる
 金沢の観光地は中心街に固まっているので1日あれば全部見ることができ、じっくり見たとしても2日もあれば廻れるのでお散歩感覚で観光ができる便利な街です。
 中心街を走る北鉄バスは500円のフリーパスが発売しているのでこれを購入すれば移動がらくらく(北鉄バス周遊フリーパスでJRバスは乗れません)
・金沢で飯を食べれれば勝ち
 いたる以外のお店も美味しいところがあるのでもう少し開拓してみたいですね

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です