公開日:2018年2月1日


2015年の夏、新幹線を3路線乗るという旅行を行った。
その切符は不思議な事に「東京都区内発→東京都区内行き」という出発地も到着駅も同じの謎切符となった。
 この東京しか書いていない切符を使って、私は東海道新幹線・山陽新幹線・北陸新幹線の3路線を乗って観光をしてきました。

 この切符を購入すれば、兵庫県で姫路城を見た後に有馬温泉でひとっ風呂浴びて、京都府の古都の町並みや大阪府の粉もの文化、そして北陸では美味しい海の幸を食べることが出来ます。今思い返してもとても魅力的な旅でした。
「そんな贅沢な切符をどうやって購入するの!」というあなたへ旅のアドバイス!

【2015年春】関東に近くなった北陸

 きっぷの説明の前に、このきっかけを作った『北陸新幹線開業』の話を少しだけしたい。
 東京から金沢へ行こうとすると、「東海道新幹線+特急しらさぎ」「上越新幹線+特急はくたか」で4時間弱とどちらも時間がかかりました。
 今まで北陸へ行くことがあった時は、毎回「上越新幹線+特急はくたか」ルート使っていました。

 東京から金沢まで通して乗る方は少なく、私が乗っていた車両では越後湯沢駅をほぼ満席で出発したのですが、終点の金沢駅まで通して乗る方は3割弱。

 というのも、お世辞にも近いとは言えず、日中なら羽田空港から富山空港・小松空港が最速。夜間ならそれこそ、夜行急行能登・寝台特急北陸など夜に出発して朝に到着する寝台列車が走るほどでした。

 しかし、北陸新幹線開業により最速2時間28分となり、開業後の街には関東の人が多く見られた。町並みを撮影してる最中に地元の人と話をしていたら「ここ(開業後)数ヶ月は休日には観光客が多くなった。」「(路線バス文化の金沢だが)東京の人ってよく歩きますね…」と語っていました。

北陸三県は遊びの宝庫!

 富山県・石川県・福井県の北陸三県は大型の観光地は無いが結構遊べる場所が多い。
 福井県は『ソースカツ丼』『東尋坊』『芦原温泉』、富山県なら『氷見で寿司』『相倉合掌集落』『宇奈月温泉』、そして石川県は『加賀料理』『兼六園』『和倉温泉』。
 各県3つ、例を上げてみましたが、他にもまだまだあるので続きは、主要観光を抑えた「るるぶ」、レンタカー使いの強い味方「まっぷる」を参考に買って旅の想像をしてみてください。

東海道新幹線往復より安い!?山科駅(京都)経由北陸大回り切符


前振りが長かったですね…。
ようやく本題の「東京都区内発→東京都区内行き」切符のお話。鉄道好きの人が様々な路線を乗りたい時に使う荒業なのです。

でもそういう特殊な切符を購入をおすすめすると、普通の人なら「往復切符以外の買い方分からない…」「北陸新幹線使ったら高くなるでしょ?」「自動改札機ちゃんと通過できるの!?」なんていう声があると思いますが、そこも含めて解説していきたいと思います。

どうしてもパックツアーよりは割高

もちろんの事ですが、旅行代理店が販売している「ホテル+往復交通費」のツアー料金に比べたら高くなります。あちらはホテルも運賃も割引になっているのでどう頑張っても無理です。
この切符はとにかくパックツアーよりも多くめぐり楽しむための企画です。

実際に比較してみましょう!

まずはモデルケースとして、東海道新幹線の東京-新大阪(大阪)の料金をみると、JR切符の往復割引適応される”片道601km未満”なので強い割引は無く、乗車券8,750円+特急券5,700円=片道14,450円。東海道新幹線のぞみ号指定席で往復すると乗車券指定席券28,900円(閑散期‐400円・繁忙期+400円)
果たして、これと比べるとどうなるのでしょうか。

北陸大回りの切符は全部で6枚が発券される

今回のモデルケースは東京駅から大阪へ行く人にします。乗車券は最低2枚で特急券が3枚と複雑になりますがちゃんと買えるので安心してください。
窓口で発券されるのは、乗車券が3枚で特急券が3枚の合計6枚ですので気をつけてください。
最初の目的地までの切符は必ず出発地で購入してください。でないと無賃乗車になりますし降りれなくなります。。

1枚目「東京発東京行きの北陸大回り乗車券」


【区】東京都区内-【区】東京都区内間は13,820円
 乗車券一枚目は「【区】東京都区内→【区】東京都区内」と出発地と目的地が同じになる。なんとも不思議な切符になります。
 この切符は「都区内を出発すると東海道本線・山科駅、湖西線・近江塩津駅、北陸本線・金沢駅、北陸新幹線・都区内」を通りますよとデータが入っている。
 「券面表示の都区内市内各駅下車前途無効」は切符に書いてある特区で降りるとそれ以降の区間無効になるということです。

 この切符の場合は東京都23区内での途中下車をすると一気にお金を無駄にしてしまう。流石に東京駅で乗って品川駅で降りる方は居ないと思いますので特に注意する必要はないか・・・。

2枚目「山科駅から目的地までの乗車券」


山科-大阪間は840円
 次は1枚めの切符の分岐駅である山科駅から目的地までの切符、モデルケースならば大阪。他に行きたい地域があれば目的地までの切符になります。

私は初日に姫路城を観たかったので姫路駅へ行きました。そのため、2枚目は姫路になっています。

東海道新幹線に山科駅はありませんが、山科駅から京都駅以西の新幹線下車駅用に別切符を購入しておけば連続乗車という扱いになり、改札も問題なく通れます。

京都に行きたいのならば「山科→京都」、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行きたいなら「山科→ ユニバーサルシティ」なんていう買い方も有効です。

3枚目「目的地から山科駅までの帰りの切符」


大阪-山科間は840円
3枚目だけは当日現地で買っても問題ありません。私は2枚目と3枚目が異なる場所だったので片道ずつの購入。
ICOCA・SuicaなどのIC乗車券で入場してしまうと特急列車の車内でめんどくさい処理が待っているので、必ず紙の乗車券を購入してください。

4枚目「東京から新大阪までの特急券」

のぞみ号指定席特急券 東京-新大阪間は5,700円
 ようやく特急券へ突入、東海道新幹線のぞみ号指定席特急券を東京から目的地付近の新幹線停車駅まで購入。
 もちろんイメージ画像は姫路行ってます、こちらも京都に行きたい人は京都までの特急券で平気です。

5枚目【なんと半額!】「大阪から金沢までの特急券」

サンダーバード号指定席特急券 大阪-金沢間は1,450円
東海道・湖西・北陸本線を走る特急サンダーバードの大阪から金沢までの指定席特急券は通常2,900円ですが、同日に新幹線と特急を連続で乗る場合は特急乗継割引が適応され特急券が半額になります。
 北陸新幹線への乗継でも適応されるので在来線指定席特急券は半額の1,450円。お得ですよ!

6枚目「金沢から東京までの特急券」

かがやき号指定席特急券 金沢-東京間は6,780円
 旅は寂しいものでもう帰る時間。北陸新幹線かがやき号指定席特急券を金沢から東京までの分。
 しかし!サンダーバードの特急券と日付が1日ずれてる。同日の乗換だから割引だったのでは?なのに新幹線への乗換が翌日?
 なんと金沢に一泊できる技があるのです!詳しくは後ほど。

本当に往復よりお得か!?北陸大回りの合計料金

北陸大回りの切符1枚目から6枚目まで合計すると27,580円(繁忙期+600円・閑散期-600円)、東海道新幹線往復が28,900円(繁忙期+400円・閑散期-400円)となり1320円もお得。
JR東海ツアーズの「東京・大阪往復+ホテル付き」で33000円程度なのでホテルを安い所や早割で抑えればツアー料金にも勝てそうな価格に。

北陸大回りの疑問や不安

さて、安さは納得していただけたと思います。
だけど、購入も複雑だし、切符は大量に出て来るし、新幹線の駅じゃないところで乗車券分割して平気なのか、考えれば心配事は多い旅ですが、実際に私が経験してますし、JRの利用規約にも則って乗車しているので怯えることはありません!

金沢先にして大阪行くのはダメなの?

 ダメではないですが、最大の問題点は「金沢で一泊できない!」これですね。
もちろんサンダーバードを正規料金で払えば何泊でも出来ますが、一泊して半額が出来るのは特急列車から新幹線に乗り換える時だけ。
 分厚い時刻表は友達!というわけで引っ張りだして来るとこのように書かれており、「特急連続して乗るなら半額割引よ~、特急から新幹線なら翌日も適応だよ」となっています。
 東京からの「のぞみ号」は乗継割引適応しないので関西で京都・大阪・兵庫を1日ずつ遊んで金沢一泊二日の5日間旅行なんていう豪勢なことも。休みが取れればね・・・。

改札機は通れるの?


一番ビクビクするのは改札機ですね、私自身こういう変な買い方は良くするので問題無いですが、慣れていない人には不安なところ。
 自動改札機は優秀で4枚まで認識するので特急券と該当する区間の切符を入れれば問題ないです。

 実際に私が乗車した際には東京駅では丸の内口などの在来線改札口から入る場合は1枚目の大回り乗車券だけ入れて、改めて新幹線乗換改札で改めて乗車区間の1枚目の大回り・2枚めの山科から目的地まで乗車券と特急券の3枚入れれば通ります。
 東海道新幹線から下車する場合は、自動改札機に1枚目の大回り切符が吸い込まれる可能性があるので有人窓口で途中下車処理をしてもらってください。
 北陸へ向かう時の大阪駅では乗車券だけにするか悩みましたが、大阪-山科と大回り切符に特急券の3枚突っ込みましたが問題なく通り抜けられた。
※金沢駅で途中下車する際、金沢駅在来線には自動改札機が無く有人改札なので大回り切符は返してもらうことを忘れずに。
 金沢駅は自動改札機になったため、私は経験していないので自動改札機が使えるかどうかはわかりませんので、心配な方は有人窓口へ。ただ普通の片道切符区間なので自動改札機通れると思います。

乗車券って1日だけじゃないの?

JR線の乗車券は営業キロに応じて有効期間が変わります。100kmまでと大都市近郊区間は当日有効ですが、101kmから200kmまで2日になり以降200km毎に1日増える。
北陸大回り乗車券の営業キロは1177.9kmなので有効期間7日間と全く心配ありません!
こうしてみても、やはり京都・大阪・兵庫で1泊ずつして金沢でもう1泊の4泊5日しても平気です。

特急券はネット予約できないの?

 出来ますが、えきねっと割引は乗車券特急券セットしかないので割引はありません。大人の休日倶楽部やジパング倶楽部などのシニア向け割引などは適用されます。
 それでもネット予約したい方はJR東日本「えきねっと」があります。自社線の北陸新幹線の他に東海道新幹線、サンダーバードも予約できますが、自社線以外の座席指定が不可能です。
 JR西日本管内の列車で号車や座席場所も指定したい場合はJR西日本の「e5489」へ登録するとサンダーバードと北陸新幹線の座席位置指定できます。JR東日本とJR西日本の同一路線になった北陸新幹線開業により東京23区内と北陸新幹線停車駅の特急券売機でも発券できるようになりました。
 東海道新幹線を管轄してるJR東海はケチなので、自社のクレジットカード会員のみネット予約が出来ます。座席位置指定するには窓口ですね。

自動券売機で乗車券は購入できないの?

出来ますが、めんどくさい。まずシステム上同じ駅を選択できないので東京発、山科・金沢経由・神田行の切符を購入をする上に、もし「えきねっと」で特急券申し込んでいる場合、こちらもシステム上の都合で翌日列車に対する乗継割引が適応されません。「窓口に行ってね!」と注意書きに書いてあるので、結局窓口に行くのでその時まとめたほうが楽です。

北陸大回り切符を買うならみどり窓口で!

 この切符の買い方が特殊なので「みどりの窓口」に行き「東京発、湖西線・山科経由、金沢経由、東京行き」と「山科から目的地の切符往復分」と言えばまず通じるはずです。またスムーズに該当する特急は前もって調べておき紙に書いておくとスムーズに進みます。
もしくは申込用紙が時刻表と一緒に置いてあるので書いて提出するといいでしょう。

ついに登場JR東日本公式大回りツアー!

 実はこの大回り、先にも書いたように東京→金沢→関西→東京で行くと金沢で一泊できませんでした。しかし!!ついにこの逆ルートをJR東日本がびゅうツアーとして発売。
我々みたいな大回り切符使いがいるので逆方向の座席が余るので登場したのでしょうか。
・ぐるり周遊 金沢&京都 3日間(2015.10/1-2016.3/30)
『東京→金沢・金沢→京都・京都→東京』+『金沢1泊目の宿』+『京都2泊目の宿』
『新・都ホテル』プラン(2名利用で1名あたり42,700円-)※1名利用プランあり
『ホテル日航』プラン(2名利用で1名あたり52,100円-)
『ダイワロイネットホテル』プラン(2名利用で1名あたり43,800円-)
・ぐるり周遊 富山・氷見&飛騨高山 3日間(2015.10/1-2016.3/30)
『東京→富山・富山・飛騨世界遺産パスフリー区間・高山→名古屋・名古屋→東京』+『富山・氷見1泊目の宿』+『高山2泊目の宿』
「富山マウンテンホテル」or「氷見・くつろぎの宿 うみあかり」+「高山グリーンホテル」or「ひだホテルプラザ(喜多館)」
(2名利用で1名あたり46,900円-)
詳しくはお近くのびゅうプラザ・ホームページでご確認ください。

まとめ

・買うのは大変
自動券売機ですら特急券を購入するのが大変な人にとっては呪文みたいな買い方ですが、一つ一ついえばみどりの窓口の駅員さんがやってくれるので恥ずかしがらずにチャレンジ!

・観光地を何箇所も巡れる楽しさ
一回の旅行一箇所の観光地が当たり前ですが、往復運賃と同じ値段で二箇所以上巡れる。

◆この記事について◆
 この記事は「家電のいろは」から旅行記事を分離した際に、再編集した記事となっております。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です